弁護士に相談するメリット


示談交通事故を起こしても、ほとんどの場合双方の示談によって解決します。簡単に言えば、お金をどれだけ支払うかですね。非がどちらに多くあるのか、5対5なのか1対9なのかそれらを弁護士を雇ってお互いが納得するまで話し合い金額を決めてもらいます。なぜ弁護士を雇うのがメリットなのかというと、保険会社の交渉でもらえる金額が圧倒的に低いからです。

保険会社はもちろん費用をできるだけ払いたくありません。それに、たくさんの案件をもっているので、なるべく早く決着させたいとの思いもあり、あまり事故当事者の気持ちを汲んでくれるとは言えません。私が追突事故の被害者になったときは、「相場はこのくらいなのでいかがでしょうか。これ以上は無理だと思いますよ」と冷たく言い放たれました。でも弁護士へ交通事故被害相談をすれば、法律に基づき依頼主の利益を最優先とし動いてくれます。弁護士は、請求訴訟が起こせるのも強みです。

弁護士がいかに法律のプロといえども分野によって得意不得意はあります。企業買収や知的財産が得意な弁護士離婚や相続関係が得意な弁護士交通事故・損害保険が得意な弁護士などさまざまです。いざという時弁護士選びに失敗しないよう、今から軽く調べておくことをお勧めします。


☆関連記事☆