交通事故の現場に必ず警察を呼ぶ


交通事故を起こしてしまったら、まず最初に相手の状態を確認し重症であれば急ぎ救急車を呼びましょう。軽症で会話も問題なくできるようなら、警察と保険会社への連絡および、現場保存を優先して行ってください。相手も感情的になっていることや記憶もあいまいなことがあるので、もし事故の目撃者がいれば連絡先を交換させてもらい何かの時に証言してもらえるようお願いしておきましょう。警察からは、保険会社へ提出用の自動車保険用の事故証明を発行してもらえます。損傷部分を写真をさまざまな角度から撮影しておくと損害賠償金の交渉がスムーズに行えます。

病院ここで強く言いたいのは、もし自分がけがをしたら軽度であっても体に違和感があれば必ず病院で診察を受けてほしいことです。後から症状がひどくなっても、その交通事故が原因かどうかの証明ができず費用が支払われません。

それよりも、私の友人は、交通事故で軽いむち打ちになりましたが、そのまま仕事へ行き1日通常勤務を終えて帰宅し、その翌朝ベッドの中でなくなった状態で発見されました。腕や足ならまだいいですが、頭や首、背中に違和感がある場合は絶対に病院での検査をお勧めします。その検査費も加害者から支払ってもらえますので渋らず行きましょう。


☆関連記事☆